中津市のサッカークリニックに参加して

活動報告, 練習風景, 雑感中津市 サッカー 指導実践

本日、中津市の永添グラウンドで、中野吉之伴さんのサッカークリニックがありました。

中野さんは、サッカーの本場ドイツで育成年代の指導者をしている方です。

今回、FCジュニオールの浦本氏のお誘いもあり、当クラブの選手16名が、指導実践のお手伝いをすることになりました。

 

スポンサードリンク

ウォーミングアップから、選手の認知と状況判断を刺激するメニューであり

その後のトレーニングに繋がっていました。

 

選手たちも、日頃行うトレーニングとは違うメニューに四苦八苦しながらも

楽しそうにプレーしていました。

 

奇しくも、練習前に私が選手たちにかけた言葉と、練習後に中野さんが選手たちに掛けた言葉が

同じだったのですが(打ち合わせしていませんよ!?)

「今日の練習で、いいなと思ったことを1つでも2つでも持ち帰って、自分のプレーに取り入れる」

ことで、自分の選手としての幅を広げてほしいなと思いました。

 

以下、私の備忘録的です。

  • 練習のオーガナイズでは、選手にあれこれ言わず、やってると気付くようなメニューが多い
  • トレーニングの条件設定はファジーな感じで
  • 失敗がたくさん出て、宿題として次回に持ち越すような感じ
  • ドイツではコーンドリブルやパスコンは、ほとんど行わない
  • ミニゲームをとおして技術を身に着ける(設定でドリブルやパスを鍛えられるように)
会場準備
ウォーミングアップ
トレーニング①
トレーニング②
シュート練習の説明
ゲーム
中野さんと記念撮影