遠征費を抑える工夫の話

お知らせ, 雑感

そういえば先日

「遠征が多いから、お金がかかりそう…」

という噂話を耳にしました。

 

確かに、5年前と比べたら、遠征は増えています。

でも、それは増えた部員に対応した結果です。

 

以前は人数が少なかったので、全学年で同じ場所に遠征に行ってました。

今は、ありがたいことに部員が増えてきたので

この大会はトップチーム、この遠征はセカンドチーム…

これは1年生で…

こんな感じでバランスが取れるように調整しています。

 

また、費用をできるだけ抑えるために

宿舎を青年の家や公民館にしてみたり

佐賀や山口、熊本あたりなら日帰りのこともありますね(笑)

 

この前計算してみたら

某大分市内のクラブチームの遠征費と比べたら

およそ半分でした。

 

1時間以上かかる試合会場へは、ほぼチームバスを出すので

高速代とかを考慮すると

選手自身で現地集合・現地解散する場合よりも

交通費は掛からないと思います。

 

中津に、いろんなチームを呼べて試合できれば、一番安上がりかもしれませんが(笑)

バスの移動中のバカ話や、合宿の宿舎のひと時が

子どもたちの絆を深めたり…

いろんな思い出が出来たり…

現地の文化に触れたり…

(長崎では雲仙普賢岳の噴火の跡地に行ったりもしましたね)

 

そういえば、30歳を過ぎた私が両親に言われたのが

「(小学校から高校まで)あなたの遠征で色々行ったなあ」

「今振り返ると楽しかったね。今はどこにも行かないから、さみしい気がする」

 

保護者の方々の思い出にもなると良いなと思います。

お知らせ, 雑感

Posted by nakatsu